SEO外部対策の重要性

16 5月 by webmaster

SEO外部対策の重要性

SEO対策の外部対策の最たるものが「被リンク」になってきますが、
この被リンクの評価は検索エンジンのアルゴリズムにとって今後低くなると言われています。

というのも、SEO評価を上げる為の被リンクが横行したために、Google側も対処せざる負えないといった感じでしょう。
Googleは有益なコンテンツを検索結果に出すことを第一にしているため、被リンクで検索エンジンに評価されようとする思惑が破られるのも時間の問題かと思います。

ナチュラルリンクの構築ですが、複数のホームページを運営していてそこから被リンクを送りたいのなら、そのホームページが有益なコンテンツを保有しているかを吟味する必要があります。
具体的には、そのサイトの文章量やアクセス時間、ページビューなど被リンク元のサイトが役に立つかどうかを人の目で見て判断できるならば、被リンクを張ることで自然と検索エンジンからも評価されるでしょう。

あとは、アンカーテキストをナチュラルにするのもポイントです。
被リンクを受けるサイトのコンテンツ内容に合ったアンカーテキストをするのがSEO対策のポイントでしたが、それに加えて、一見関係なさそうなワード「こちら、このサイトへ」にもアンカーテキストでリンク作成するといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です